シンクロナイズドスイミング

コテ選手とフィオラ-ディオン選手がジュニア部門のデュエット競技で優勝

2016.7.26

ケベック州サンジョルジュ出身のアンドレ-アン・コテ選手とケベック州リムスキ出身のカミーユ・フィオラ-ディオン選手は、2016年4月29日、2016年資生堂カナディアンオープン・シンクロナイズドスイミング選手権大会のジュニア部門のデュエット競技で金メダルを獲得しました。

ケベック市のケベック・エクセレンスシンクロ所属の同ペアは、この競技で80.2000という今シーズンのルーティン最高点を出し、総合得点は155.2765となりました。 モントリオール・シンクロのモード・ジョバン選手とシャーロット・ マウ・サヴァー選手が148.0493で銀メダルを獲得。バンクーバー・パシフィックウェーブのステファニー・ディッキンソン選手とルイーザ・ヴァシレヴァ選手が146.9570で銅メダルを獲得しました。

オープン参加の海外選手の競技結果は、メキシコのグレンダ・インスンサ選手とマディソン・ロペス選手が79.9333を出し、総合得点153.1748で銀メダルを獲得しました。

シニア部門・ソロフリー決勝

シニア部門のソロ・フリー決勝では、シンクロ・ラヴァルのイオアナ・ゲータ選手が76.4000を出して金メダルを獲得。モントリオール・シンクロのブルック・ブリモ選手が75.1667で銀メダル、カルガリー・アクアベルズのブリアンヌ・ロー選手が73.5667を出しました。

ジュニア部門のソロ競技で何度もナショナルチャンピオンの座についているトロント出身のクレア・マクガバン選手は個人として出場し、同競技最高得点の81.2000を出して金メダルを獲得しました。

シニア部門のチーム・テクニカルルーティンでは、ケベック・エクセレンスシンクロが70.3640を出して金メダルを獲得しました。

ジュニア部門・チーム予選

ジュニア部門のチーム予選では、カルガリー・アクアベルズが153.3514で首位につけ、151.6191のリージョナル・トレーニングセンター・オンタリオと149.2225のケベック・エクセレンスシンクロにリードしました。 モントリオール・シンクロは148.1196と僅差でその後に続きました。

オープン参加の海外選手の競技結果は、メキシコが総合得点153.3308で2位となりました。

アンドレ-アン・コテ選手とカミーユ・フィオラ-ディオン 選手(金メダル受賞) アンドレ-アン・コテ選手とカミーユ・フィオラ-ディオン 選手(金メダル受賞)