シンクロナイズドスイミング

モントリオールがコンボで優勝、カルガリーがトップタイトルを勝ち取る

2016.7.26

2016年4月30日、カルガリー・アクアベルズは、2016資生堂カナディアンオープン・シンクロナイズドスイミング選手権大会で、ジュニア部門チームのカナダチャンピオンの座を勝ち取りました。

大会のホストを務めた同クラブはフェニックスのルーティンを披露し、総合得点153.4848で金メダルを獲得。リージョナル・トレーニングセンター・オンタリオは152.3524と2番目に高い得点を、モントリオール・シンクロは148.5863を出して、共に銀メダルを獲得しました。ケベック・エクセレンスシンクロは 148.5558で銅メダルを手にしました。

オープン参加の海外選手の競技結果は、ジュニアナショナルチームが出場したメキシコが154.2641で金メダルを勝ち取りました。

決勝

フリーのコンボ決勝では、モントリオール・シンクロが80.3000を出して、初めてコンボの国内優勝を飾りました。アクアベルズは79.2000で銀メダル、ケベック・エクセレンスシンクロは76.1333で銅メダルを獲得しました。

海外チームでは、メキシコのジュニアナショナルチームが83.2333で金メダルを獲得しました。

シニア部門のフリーのチーム決勝では、アクアベルズが77.1333で金メダルを勝ち取りました。リージョナル・トレーニングセンター・オンタリオは75.9333と2番目に高いスコアを出し、ケベック・エクセレンスシンクロと共に銀メダルを獲得しました。ドラード・シンクロは銅メダルを得ました。

シンクロ・ラヴァルのイオアナ・ゲータ選手は、シニア部門のデュエット・フリーで、妹のマリア選手と77.4000 を出して金メダルを獲得しました。

その他表彰

ケベック・エクセレンスシンクロのアンドレ-アン・コテ選手は、本大会のトップジュニア選手としてパット・マレー・トロフィーを授与されました。

2016スザンヌ・イオン・トロフィーは、エドモントン出身でオーロラ・シンクロ所属のジェニファー・パーカー選手に、2016シャーロット・テュッテ・トロフィーは、ケベック・エクセレンスシンクロ所属のカーシャ・キュレッサ選手にそれぞれ贈られました。

モントリオール・シンクロのコンボ演技 モントリオール・シンクロのコンボ演技