その他

資生堂イタリアが5名のオリンピック選手を中心にスポーツ支援

2016.7.26

資生堂イタリアは、最大のスポーツ大会である2016年リオオリンピックに向けて、オリンピック選手5名をサポートします。5つのオリンピック競技から5名のイタリア人選手を通して目指すものはただひとつ。資生堂ブランドと共通する価値観を分かち合うことです。

情熱、献身、エネルギー、それと同時に正確性、高いパフォーマンス性、力強さ、コントロール。これらの要素が、ビューティーという世界共通の言語を通じて資生堂の持つ卓越さや科学性を伝えることを目指します。

資生堂イタリアは5名の選手たちの日々の生活を追い、彼らのチャレンジをサポートしてきました。選手のチャレンジにおいてはコミットメントや耐久性にスタミナが重要な役割を果たしますが、それは彼らが代表する資生堂ブランドの各商品も同様です。

資生堂イタリアがサポートする5名のオリンピック選手は以下の通りです。

アレックス・ジョルゲッティ (水球): 水球にはエネルギーとコントロールの要素がDNAとして組み込まれており、それは資生堂 メンシリーズの特徴でもあります。

フラヴィア・タルタグリーニ (ウィンドサーフィン): 資生堂サンケア商品ウェットフォース・テクノロジー同様、水を味方につけることで力強さを発揮します。

クリスティーナ・キリケッラ (バレーボール): 正確性と高いパフォーマンス性は、バレーボールと資生堂バイオパフォーマンスの技術に共通しています。

フランチェスカ・ダラッペ (シンクロナイズドダイビング): 資生堂シンクロスキン ラスティング リキッドファンデーションと同じく、協調性や一体感が成功への鍵となります。

ヴァレリオ・アスプロモンテ(フェンシング): 資生堂 アルティミューンと同様、高い防御力でダメージから身を守ります。

このスポーツ支援には #sharebeauty のハッシュタグが付けられています。スポーツを生きることは、美を生きることに通じます。美を生きる時私たちはその美を共有し、美を共有する時私たちは勝利を勝ち取るのです。