その他

ケビン・ローランド選手が資生堂 メンのパートナーに

2016.7.26

資生堂 メンでは、2016年3月ハイドロ マスター ジェルの発売に合わせ、フリースタイルスキーチャンピオンであるフランス出身のケビン・ローランド選手とスポンサー契約を締結しました。

「資生堂 メンのアンバサダーに選んでいただき、本当に光栄です。私にとって資生堂とは卓越した価値を意味する一流ブランドであり、これはまさに私が大切にしているものです。自由、バランス、純粋さ、エネルギー、機能性、そして自己を超えるというブランドや商品コンセプトをうかがい、私はたちまち魅了されました。自分と同じ価値観を伝えるブランドや商品のアンバサダーを務められるのは、実に喜ばしいことです。」
とローランド選手は語っています。

フリースタイルスキーはアスリートに限界までリスクを冒すよう求めます。新世代スキンケアのデザインとコンセプトにつながる価値観を表現するのに、これ以上ふさわしいスポーツはありません。
また、フリースタイルスキーにおいて自らの限界を超えていくためには、身体全体のコントロールが必要です。ローランド選手はこの分野で揺るがぬ実力を誇ります。身体のコントロール法を完璧にマスターし、すばらしい技を披露しています。

ローランド選手はそのずばぬけた技量により、ハーフパイプにおいて数々の賞を獲得しています。X Games USA (2016)では金メダル、X Games USA (2015)では銀メダル、ソチ・オリンピック(2014)では銅メダル、FISフリースタイル世界選手権(2011)では銀メダルを獲得し、AFPのワールドチャンピオン(2014)に輝くなど、2011年以降数々の賞を獲得しています。

そこで、資生堂 メン新商品のハイドロ マスター ジェルの価値観を伝えるために、26歳の若きアスリートであるローランド選手をパートナーに選定いたしました。

山頂で感じる解放感、優れた技を実現するために必要なバランス感覚、純白の雪景色、そして自然とのつながりを超越するハイレベルなテクニック。ローランド選手は、山の頂からの大ジャンプに向けて準備を進めています。

「出口へと続く道には
 危険が伴うが、
 進むだけの価値はある。
 だから恐れずに生きるのだ」
ケビン・ローランド